何の灰を使えばいいのか

 

灰

  

 

  灰 (お線香、新聞紙、 ティッシュペーパー 、タバコなど燃やしたもの)

 

 

 

  灰なら何でも大丈夫ですよ。いざ用意しようとなると中々大変でした。

 

  灰の細かい粒子が研磨剤の役目をしています。

 

 

 

コットンを水(ぬるま湯)に浸したものを、軽く水分をきって

 

灰を軽くつけてから

 

色が付いているところをやさしくふきとります

 

 

 

 

 

美容師パパ

灰の中に含まれる炭酸カリウムが洗浄効果も発揮するから、昔は灰が洗剤代わりつかわれていたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る